〒315-8640
茨城県石岡市石岡一丁目1番地1
Tel 0299(23)5600

gikai@city.ishioka.lg.jp


 € 


令和元年度 議会運営委員会

 第9回委員会 (9月11日)
出席委員 谷田川泰委員長,大和田寛樹副委員長,高野要委員,櫻井信幸委員,村上泰道委員,石橋保卓委員
その他の出席者 池田正文議長,菱沼和幸副議長,小松豊正議員
市執行部 市長(今泉文彦),総務部長(久保田克己)
議会事務局 局長(門脇 孝),庶務議事課長(中山善正),課長補佐(木﨑憲一)


谷田川委員長)ただ今から,議会運営委員会を開会いたします。
 本日の議題は,あらかじめ配布いたしました協議案件書のとおりであります。
 次に,本日,委員長において,説明員として出席を求めた者の職・氏名は,市長・今泉君,総務部長・久保田君,以上であります。
 これより議事に入ります。なお,審査上の発言は,挙手によりこれを許します。
 はじめに,市長から,今期定例会に提出されております議案第105号,石岡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例を制定することについての訂正について,発言を求められておりますので,これを許します。

市長)本日は貴重なお時間をいただきまして,ありがとうございます。8月27日,本定例会に提出いたしました議案第105号,石岡市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例を制定することについてに関し,8月30日付の官報に掲載されたとおり,国が示した基準に変更があり,改正規定の一部に変更が生じましたので,議案の訂正をお願い申し上げるものでございます。訂正内容は,お配りした議案の訂正請求書のとおりでございます。議員の皆様には,お手数をおかけすることになり大変恐縮に存じますが,よろしくお願い申し上げます。

谷田川委員長)以上で説明は終わりました。ただ今,執行部から説明のありました議案の訂正の取り扱いについて,議長のお考えをお示し願います。

池田議長)議案の訂正は,会議規則により,会議の議題となったものについては議会の承認を得なければならないこととなっております。また,その運用において,今回のように委員会に付託された後については,委員会で許否を諮り,その後本会議において許否を諮ることとしております。それに従いまして,今回につきましても,はじめに付託されております教育福祉環境委員会で訂正の承認を諮り,その後明日の本会議において,承認を諮ることとなります。なお,本会議で承認を得ましたら,休憩を取りまして,再度教育福祉環境委員会を開いていただき,訂正後の議案について審査をしていただき,終了し次第本会議を再開したいと考えておりますのでよろしくお願いいたします。

谷田川委員長)議案の訂正の取り扱いにつきましては,ただ今,議長からお示しいただいた流れとなりますので,よろしくお願いいたします。
 次に,第4回定例会についてを議題といたします。市長より第4回定例会の告示日及び招集日についてのお考えを,お示しいただきたいと思います。

市長)第4回定例会について,ご説明させていただきます。令和元年第4回定例会につきましては,11月26日告示,12月3日招集といたしたいと思います。よろしくお取り計らいのほどお願い申し上げます。

谷田川委員長)ただ今,市長から,第4回定例会につきまして,11月26日告示,12月3日招集という考えが示されました。ただ今の説明について,ご意見等はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,第4回定例会につきましては,11月26日告示,12月3日招集ということで進めてまいりたいと思いますので,よろしくお願いいたします。それでは,執行部におかれましては,ご退席いただいて結構でございます。ご苦労様でした。

-執行部退席-

谷田川委員長)次に,第4回定例会の会期についてを議題といたします。ただ今,第4回定例会については12月3日招集となったわけでございますが,その会期について,議長にお考えがございましたらお示し願いたいと思います。

池田議長)先ほど市長から,第4回定例会につきましては12月3日に招集いたしたいとのことでありました。従いまして,お手元にご配付いたしました会期予定表案に示すとおり,12月3日に開会し,翌4日から8日までの5日間を議事整理のため休会とし,9日から11日までの3日間を一般質問といたします。翌12日を議案質疑といたしまして,13日を教育福祉環境委員会,16日を総務委員会,17日を経済建設消防委員会,18日に議会運営委員会を開催し,19日を最終日といたしたいと思います。ご審議のほどよろしくお願いいたします。

谷田川委員長)ただ今,第4回定例会の会期予定案について,議長の考えが示されたわけでございますが,本案につきましてご意見がございましたらお願いいたします。ご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,第4回定例会の会期予定案につきましては,案のとおりとしたいと思います。これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
 
谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に,新規の請願,陳情等の取扱いについてを議題といたします。事務局より説明を求めます。

庶務議事課長)本日までに受理いたしておりますものは,請願1件,要望書1件でございます。
 はじめに「教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書採択を求める請願」でございます。8月16日に提出され,同日付で受理しております。提出者は,水戸市笠原町の茨城県教職員組合,〇〇様ほか296名で,紹介議員は岡野孝男議員でございます。内容でございますが,計画的な教職員定数改善による少人数学級の推進と,義務教育費国庫負担制度の堅持について,国への意見書提出を求めるものでございます。学校教育に関する請願でございますので,付託先は教育福祉環境委員会になるものと思います。
 次に「令和2年度理科教育設備整備費等補助金予算計上についてのお願い」でございます。9月2日に郵送により提出され,同日付で受理しております。提出者は,公益社団法人日本理科教育振興協会会長,〇〇〇様でございます。内容でございますが,理科教育環境向上のため,令和2年度の理科教育設備整備予算の計上を求めるものでございます。要望書の提出でございますので,資料配布の取扱いになるものと思います。

谷田川委員長)以上で説明は終わりました。ただ今の説明について,ご質問等がありましたらお願いいたします。

櫻井委員)岡野さんが紹介議員になっている教職員の請願について,請願事項という3枚目のところに,署名をしているやつがあるんですが,これ印鑑がなくてもよろしいんですか。

庶務議事課長)署名につきましては,任意でご提出されているところでございまして,提出なければならないというものではございません。請願,陳情の要件では,署名を提出しなければならないという要件はございませんので,署名がなくても請願として成立するものでございます。そういう意味で,署名における印鑑についても提出者側の意向で提出されているところでございます。以上でございます。

谷田川委員長)ほかにご質問はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,ただ今事務局からありましたとおり,「教職員定数改善と義務教育費国庫負担制度堅持のための政府予算に係る意見書採択を求める請願」につきましては教育福祉環境委員会に付託することとし,「令和2年度理科教育設備整備費等補助金予算計上についてのお願い」については,明日の最終日に資料として配付いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に,全員協議会規程(案)についてを議題といたします。本件については,前回の当委員会において,当該規程の第6条,公開に関する条文について意見が出され,本日の委員会で再度協議することとしていたものでございます。お手元に,当該箇所を修正したものをお配りしております。あらためて事務局から説明を願います。

庶務議事課長)資料の「全員協議会規程(案)」をご覧いただきたいと思います。前回の委員会におきまして,規程の中の第6条,そこは前回は公開に関する規定でございました。全員協議会においては,公開,非公開は議長の権限による規定でございました。そこを,会議規則及び委員会条例に定める規定を準用して運営自体を行っていくということで,その中には公開,非公開の規定も会議規則,委員会条例にございますので,そういう中では会議規則,委員会条例の例により運営を行っていくという条文に改めたところでございます。以上でございます。

谷田川委員長)以上で,説明は終わりました。
 それでは,本件についてご意見がございましたらお伺いしたいと思います。ご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,本件につきましては,事務局からの案のとおり決することに,ご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に,閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。本委員会において閉会中もなお継続して調査を行うため,石岡市議会委員会条例第36条の規定により,お手元に配付いたしました案文に示す理由を付し,閉会中の継続調査の申し出をいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認めさよう決しました。
 次に,事務局から発言を求められておりますので,これを許します。

庶務議事課長)第4回定例会に関する議会運営委員会の開催日と請願,陳情の締め切りについてでございます。第4回定例会につきましては,11月26日告示とすることが示されました。通常,告示日の1週間前に議会運営委員会を開催しておりますので,今回につきましては11月19日となるものでございます。
 次に,請願,陳情の受付でございます。第4回定例会で審査付託される請願,陳情は,ただ今の議会運営委員会でその取り扱いが協議されるわけですが,周知を行う必要から,受付の締め切り日をあらかじめ決定しておきたいと考えております。これまで,締め切りにつきましては,処理の関係から,審議される議運の土日を除いた2日前の午後3時を締め切りとしておりまして,今回ですと11月15日の午後3時までとしたいと考えております。以上,ご審議のほど,よろしくお願い申し上げます。

谷田川委員長)ただ今,事務局から,第4回定例会前の議会運営委員会を11月19日に開催することについて,さらに請願,陳情の受付は11月15日,午後3時までとしたい旨の説明がございました。この件につきまして,何か質問等ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,議会運営員会を11月19日に開催することとし,請願,陳情の受付は11月15日,午後3時までといたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 請願,陳情の件で,事務局から発言を求められておりますので,これを許します。

庶務議事課長)先ほどの教職員関係の請願でございますけれども,櫻井委員から,署名についての印の不備についてのお答えをさせていただいたところですが,言葉足らずの答弁になってしまいましたので,あらためて説明させていただきます。今回につきましては,提出者の方ほか何名ということで,全員が提出者という取り扱いとなるものでございまして,署名は任意でと申し上げましたけれども,署名の方も提出者という取り扱いで受け付けているところでございます。それにあたり請願条例というものがございまして,請願者は請願書に署名,自筆で書くか,記名,印刷等で記載されたお名前に,押印をしていただくか,どちらかが必要となってまいります。先ほど任意と申し上げましたが,今回,署名の方を提出者として取り扱う中で,署名か記名及び押印があるかどうかで1名として数えているものでございました。大変申し訳ございません。

谷田川委員長)次に,議長から発言を求められておりますので,これを許します。
 
池田議長)私から,2点につきまして皆さんにご連絡がございます。
 はじめに,国体ポロシャツ着用の件でございます。国体ポロシャツについては,明日の本会議において着用することとなったわけでありますが,着用にあたっては上着は着用せず,シャツの裾はズボンに入れられるようお願いしたいと思います。また,議員章のはい用についてでございますが,これまでの慣例を考慮いたしますと,ポロシャツであっても議場においては,議員章を付けることとしてはどうかと考えております。なお,今回の件に関しましては,あらかじめ報道機関に情報提供を行っております。私としては,本会議終了後に議場内において写真撮影の時間を設けたいと思っておりますので,ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 次に,議会広報委員会委員の選任についてでございます。議会広報委員会におきましては,明日の本会議において議決がされれば,速やかに委員会を開催し,所管の事項について協議を進めていただきたいと考えております。選出については,8月9日の議会運営委員会で常任委員会から2名選出することと決定しておりますが,その際の選任の具体な方法につきましては,議会運営委員会においてご協議をいただき,各常任委員会から議会広報委員報告書の提出をもって,委員に就任していただくこととしたいと考えております。詳細な流れについて申し上げますと,明日の本会議開会前に,各常任委員長にあらかじめ議会広報委員報告書をお渡ししておきたいと思います。本会議で会議規則並びに費用弁償の改正案が議決されましたら,休憩を取りたいと思いますので,その際に報告書をご提出いただきたいと思います。選出された委員の皆さんには,休憩の間に委員会を開催していただき,正副委員長の互選をお願いしたいと思います。
 以上,2件について,よろしくご協力のほどお願いいたします。

谷田川委員長)ただ今,議長から,国体ポロシャツ着用の件,それから議会広報委員会委員の選任の件,2件について説明がございました。
 はじめに,国体ポロシャツの着用については,上着は着用せず,シャツの裾はズボンに入れること。議員章についても付けることとしてはどうかとのことでございます。また,本会議終了後に写真撮影の時間を設けたいとのことでございます。この件について,何かご意見等はございませんか。

髙野委員)上着だと襟に付けるとかあるんですけど,まちまちだとあれなんで,議長にお伺いしてほしいんですけど,どの位置に付けるとかそういったことも必要かなと思うんですが,見解を賜ります。

谷田川委員長)ただ今,髙野委員から,議員全員が付けるということには問題はないと。しかし付ける場所について統一してはいかがかというお話がございました。議長のお考えをお示しいただきたいと思います。

池田議長)本市議会において,議員章のはい用の規程はございません。しかしながら慣例に基づきますと,上着の左襟に付けておりますので,ポロシャツにあってもポロシャツの左襟にはい用してはいかがかと思います。よろしくご審議のほどお願いいたします。

谷田川委員長)ただ今,議長から左襟の上のほうに付けるというご提案がございましたが,これについてご意見はございませんか。

髙野委員)そういうことでみんなが一定すれば,私はよろしいかなと思います。まちまちだとあまりよくないと思いますので,そのような見解であれば結構でございます。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,議長のお考えのとおり了承いたしたいと思います。各委員におかれましては,会派の皆様にご周知をよろしくお願いいたします。
 次に,議会広報委員会委員の選任についてでございますが,明日の開会前に,各常任委員長に議会広報委員報告書をお渡しし,議決後,休憩中に報告書を提出いただき,委員会を開催のうえ,正副委員長の互選を行っていただいてはどうかとのお考えが示されたところでございます。
 この件について,何かご意見等はございませんか。

櫻井委員)総務委員会で先日全員集まって協議をしたのでありますけれども,この第2条にあるところで,議会広報紙の編集とか,ホームページ等々について,議会報告会と分けてみたらどうかというような意見が出ました。その辺のところをもう1度協議なさったらどうかなと思ったものですから,意見として述べさせていただきました。

谷田川委員長)ただ今,櫻井委員から意見が出たところでございます。それについてのご意見はございませんか。
 暫時休憩をいたします。

-休憩- 

谷田川委員長)休憩前に引き続き,会議を開きます。
 先ほど,櫻井委員から提案のありました件について,ご意見を頂戴したいと思います。ご意見はございませんか。
 ただ今の櫻井委員の話を,またこの委員会で議論するということになると,内容が前回に戻ってしまいますので,この部分は前回の決定したとおりとさせていただきたいと思います。これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 ただ今池田議長のほうから,議会広報委員会委員の選出についてのご意見がございました。各委員会において委員を選出していただくということに変わりはないと思いますが,その委員の選出方法についてどのようにしたらよいかというご提案がございました。その件について,委員の皆様からご意見を頂戴したいと思います。ご意見はございませんか。

髙野委員)ここにきて委員をやる人がいない。報告会はやろう,ただ広報やなんかのまとめは大変だということになると,この報告会の根幹はどこかということですよね。報告会を聞いてもらうことが報告会なのか,またネット等々で広報するのが報告会なのか。報告会ずっと私出たことないんですけど,各常任委員会で議員が質問を受けたやつを自分が答弁していくということであれば別ですけど,常任委員会ごとということになると,そこでの報告書類は全部常任委員会でまとめていくわけですよね。皆さんでじゃないですよね。そういったときには報告会までは,段取りもあるでしょうけど,いろいろあるでしょうけど,そんなに難しくないと。委員会できちんとやっていけばいいわけです。しかしながら後のフォローの部分,それが大変だということになると。その資料とか何かをまとめるとかじゃなくて,もっと簡素化してその時に出したものを,質疑がしたのが出ますよね。あんな感じの中で簡単に報告していくということで,なるべく省いた中で簡単に作り上げていくと。それで中身の濃いものをね。それはやはり各常任委員会がきちんとしたことをやっていくということだと思うんですよね。それ以外のものはそんなにもうくっつけない。それで今回の報告会はこのようなことで各常任委員会でこういうことがありましたと。それで議員の顔を載せて,そのぐらいでいいんじゃないですか。ネットで出て一面二面で分かるように,そのぐらいにすれば,皆さん大変だというイメージじゃなくて,報告会が終われば終わりだよと。そんな感じていけるんじゃないかと思うので,報告会の報告書というのをもっと簡略化して,報告会が終わればそれをまとめて終わりだよと。その辺でやってみたらいいじゃないかなと。市報とか,ああいったものの感覚になっていくとまた違うと思うんですよ。どんどんくっつけたいこといっぱい出てくるし,だからものはくっつけない,報告したことのみということでやっていけたら,意外とやってくれるんじゃないかなと思います。我々,経済建設消防委員会は,やり手いっぱいでございまして,その中でも私が譲っていただきまして,私と副委員長が代表でいくことになりましたけど,皆さんであまりご負担を感じないような委員会になされたらいいのかなと思います。私は,人に行けとも言えないですから,私が進んでまいりたいと考えております。そういうことでございます。

大和田副委員長)議会広報委員会で担っていただく議会報告会の内容につきましては,委員会で議論して調整していくことになると思います。今,議長のほうからあったのは,議会広報委員会の,常任委員会から2名を選出していただくことは決定されましたが,それぞれの常任員会の選出方法をどうされますかということで,議長のほうから意見をください,この委員会で議論をしてくださいということだったので,私の個人的な意見としては,常任委員会から2名は出していただくと。その選出方法としては,私の個人的な意見としては,正副議長,監査委員,常任委員会の正副委員長,議会運営委員会の正副委員長を除く方で,ぜひたくさんの担いを委員長,副委員長に偏らずに常任委員会から出していただくのがよろしいのではないかと,そのように思います。

髙野委員)ちょっと反論じゃないんですが,だいたい誰でもいいですよという中で,やる人がいないと。それで委員長を除いてほかで決めてくださいと言ったって,中々誰かがリーダーシップをとって,うちのほうでは率先して委員長と副委員長で参りますと,ですから出させてくださいということで,皆さんが行けと言ったわけではないんです。うちは委員長と副委員長でやらせてくださいということでお願いしましてね。私もそんなに行きたくはないんですが,誰かが行かなければならないし,そんなことで決めたんですけど。除くというのは非常に差別もありますし,とんでもない話であってね。ですからやはりそういう形の中で,もし率先して誰もやる人がなければ委員長,副委員長でもいい,出てきてほしいと。そういった中で進めていくのが1番かなと。委員長,副委員長全部出てきてくれたら,責任ある方々ですから,最高ではないかと思います。私は委員長,副委員長を省くなんてとんでもない。そのように思います。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

髙野委員)私も委員長をやらせていただいている立場なんですが,もう1度常任委員会の委員長さんに,委員長からもお話しいただきまして,理解ある選出をお願いということで,今日にでもお願いしていただければいいのかなと。皆さん良識ある議員ですから,絶対にということはないかと思うんでね。とにかく経済建設消防委員会はもう決まったと。その辺の話の中で委員長さんにご理解ある見解を求めていただければと,かように思うところです。

谷田川委員長)ただ今のご意見を集約いたしますと,現在としては常任委員会の中で,議会広報委員会の委員も決定していると。それについてまだ決定していないという段階であれば,新たな委員の選出も考えてはどうかというようなご意見も出ました。この件について,再度ご意見がある方,ご意見を頂戴したいと思います。

櫻井委員)いろいろ意見を聞いた中で,であればですけれども,選出の仕方については,各常任委員会で決めるという形がいいと思います。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)それでは,この議会広報委員会の選任につきましては,皆さん方の意見を集約いたしますと,各常任委員会において選出をしていただくということにご異議はございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に,その他として発言はございませんか。

髙野委員)私もずっと議運に出ていなかったので,何年振りかで出てきたんですけれども,今日陳情とかあったわけですが,ここで見て今日判断するということが自分でもできなく,また質問等々言葉も出なかったんですけども,やはり事務局にお伺いしますが,請願,陳情ですが,議運で協議するわけですから,1日でも2日でもいいんですけど,当日でなければ書類等々については見せられないということであれば致し方ないことでございますけれども,今紙ベースではなくて,こうしてタブレットで出てくるわけでありますので,差し支えなければ,紙でも結構ですけど,ちょっと時間をいただければと。そうすれば,結構請願,陳情とかは難しいですよね。見て白か黒かという判断でもないですし。ですから委員長ちょっと時間をいただければ,1日でもいいと思うんですけど,タブレットで流しちゃだめだよといえば紙ベースでもいいと思うんですけど,そのようなことが可能かどうか,無理であれば結構です。見解を伺います。

谷田川委員長)ただ今,髙野委員からの件について,事務局から発言がございます。

庶務議事課長)資料につきましては,これまで紙ベースでやっていた際ですけれども,当日机の上に置かせていただいていたという経過がございます。開会前までに,事務局といたしましては資料を整えまして準備に努めているところでございます。そういう意味で開会前までに資料の変更等が生じる場合もございますので,当日の閲覧ということでご容赦いただいているところでございますが,必要がございますればその前に,例えば各常任委員会では,詳細な計画書が提出された際には前もって資料を閲覧できるように配慮したりということもございますので,こちらといたしましても前もって閲覧できるように,対応できるようにしたいと考えております。

谷田川委員長)その他の件として,ほかに発言はございませんか。

石橋委員)この場にそぐわないものであれば,その旨お伝えいただければと思いますが,事務局にちょっとお伺いしたいんですけれども,会議録は現在定例会が終了して,翌定例会の前に紙ベースで発行されているかと思います。この発行については,議会での発行ということでよろしいのかどうかお伺いをいたします。

庶務議事課長)会議録につきましては,地方自治法に根拠がございます。123条第1項で,議長は事務局長又は書記長に書面によりということで,中略いたしますけれども,会議の次第及び出席議員の氏名を記載させ,または記録させなければならないとの規定がございます。それに基づきまして,会議規則の第80条で,会議録に記載する事項をそこで定めておりまして,第81条で,会議録は議員及び関係者等に配布するなど,広く一般に公開するというふうに規定されてございます。

石橋委員)ありがとうございました。と申しますのは,タブレットが配布をされました。ホームページでも会議録の検索が容易になったわけです。とは言いながらも各議員に分厚い会議録が今でも配布をされております。執行部のほうでも配布をされているのかなという感じがするんですけれども,そういった部分,省けるものについては,先ほどの自治法の説明の中で,指名をされた議員の署名が必要だとかということでありますので,原本は紙ベースで1部取っておくとしても,紙ベースでの配布物については省略できるものについては省略されたほうがよろしいのではないかなということで。今日ここで結論を求めているわけではございませんので,皆さん方で一緒に考えていければよろしいのかなという思いで,1つの問題提起であります。

谷田川委員長)そのほかに,何か発言はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,次に石橋委員から,天皇陛下即位の礼を祝す賀詞奉呈に関する決議案について,説明をお願いいたします。

石橋委員)今回,天皇陛下即位の礼を祝す賀詞奉呈に関する決議案ということで,私のほうから提案をさせていただくわけですけれども,本来であれば本年5月1日に今上陛下におかれましては,即位をされたわけです。6月の定例会でお願いをしようとしていたわけですけれども,私のほうでも準備の不足がありまして,6月の定例会には間に合わないでしまったということであります。よりまして,10月22日に即位の礼が行われるということで,それに合わせますように,今回即位の礼を祝す賀詞奉呈ということで,お手元の案文どおりのご提案をさせていただいたわけです。どうか皆様方のご理解をいただきまして,明日の本会議のほうへ議会運営委員会の提出議案として上程をしていただければというふうに思っております。よろしくお願いをいたします。

谷田川委員長)ただ今,石橋委員から,天皇陛下即位の礼を祝す賀詞奉呈に関する決議案を,本会議に提出してはどうかとの提案がございました。
 本件について,ご意見等ございましたらお願いいたします。ご意見はございませんか。

髙野委員)中々難しい問題というか,やるべき問題なのか,その辺のところ今聞いて即理解できないのが自分ではありますけれども,反対するものでもないですし,これは日本国中,国民の祝うことでもございます。そういった中で,我々個人が云々というよりも議長の見解を賜りまして,その内容によって我々も賛同していくべきかというふうには考えておりますので,大変恐縮には存じますが,議員の代表として議長の見解,そしてそれを踏まえ,これをいいということであれば取りまとめていただき,議員全会一致をもってのこととしていただきたいと,かように思うところでございます。議長大変でもよろしくご見解を賜ります。

谷田川委員長)ただ今,髙野委員から,この決議案に対して議長の見解を求められたところでございます。本案に対しての議長のお考えがございましたらお願いしたいと思います。

池田議長)今般の天皇陛下即位の礼を祝す賀詞奉呈に関する決議案でございますが,提案者は石橋委員でございまして,内容も私は理解をしているところでございます。しかしながら,本議会運営委員会におきましては,オブザーバーという立場での出席でございますので,内容は理解しているものの私的な意見は差し控えさせていただければと思います。

谷田川委員長)ただ今,議長からお話がありました。この議案を委員会としての提出にするかしないかということに関しては,この委員会で決定をしていきたいと思います。

髙野委員)本来であれば議長の決断をもって,こういうことはやっていくべきかなと。オブザーバーということで見解が述べられないということでございます。非常に残念なことでございます。オブザーバーといいましてもここに席がある以上はやはり見解を求められた時には,見解をきちんと述べるべきである。それが議長の立場であるんではないかと私は思うところでございます。議長が見解を出せない,こういった中でこの委員会で出すということであれば,私よく内容が理解できません。ですから再度,提案者の見解をお伺いいたしまして,私も是とするか非とするか考えてまいりたい。大変でも再度,恐縮ではございますが,石橋委員の詳細な見解をお伺いいたします。

石橋委員)今,髙野委員のほうからそういったご依頼がありましたので,あらためて今回の決議を提案いたしました思いを述べさせていただきたいと思います。現行憲法において,天皇陛下におかれましては,日本国民統合の象徴ということで,位置付けられております。そういった意味を含めまして,今回,先の平成天皇から今上天皇のほうへ譲位がなされまして,5月1日に即位がなされたわけです。そういった喜ばしいことに対しまして,市民を代表して市議会としてお祝いの言葉を申し上げるという気持ちを決議として表したいと,そういう思いで今回提案させていただいたわけであります。どうか皆様方のご理解をよろしくお願いいたします。

髙野委員)今説明を聞きまして,お祝いの言葉を述べる。これはこの石岡市でそれによって損害を被るとか,そういったこともございませんし,私自身としてはこれは日本国民として当たり前に行うことではないかというふうに考えまして,石橋委員の考えに同調するところでございます。

櫻井委員)書面等については,以前石橋委員より配布いただいております。会派全員でこれは検討しております。異議はありませんでした。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,ただ今の各委員の意見によりますと,この案のとおり提出すべきという意見でございます。それでは,本決議案については,議会運営委員会として明日の本会議に提案することといたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 ほかに何か発言はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,最後に事務局から,議会費の決算について発言を求められておりますのでこれを許します。

庶務議事課長)最後にお時間をいただきまして恐縮でございますが,議会費の平成30年度決算についてご報告申し上げたいと思います。すでに議員の皆様に決算書等の資料が配布されておりますので,内容についてご確認いただいている部分もあろうかと思いますが,あらためて議会費における決算内容について,資料をお配りさせていただいておりますので,ご説明をさせていただきたいと思います。「議会費H30年度決算説明資料」をご覧いただきたいと思います。記載した内容でございますが,決算書に記載されております内容に準じたものでございます。最初に,職員等人件費でございますが,議会事務局職員8名分の人件費となってございます。次に,議員活動運営経費につきましては,支出内容の説明を記載しております。特に昨年度からは,タブレット端末及びインターネット中継の導入を図りましたことから,その分の経費が増額となっているところでございます。事務局経費については,特に大きな変動はございません。以上,簡単でございますが説明とさせていただきます。

谷田川委員長)ただ今,平成30年度の議会費の決算について説明されましたが,この件につきまして,ご質問等ございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,本件については以上で終結いたします。今後,決算内容についてのご質問がありましたら,直接,事務局にご確認いただきたいと思います。
 以上で,本日の議会運営委員会を閉会いたします。なお,本日決定いたしました事項につきましては,各会派の皆様にご周知いただけますよう,よろしくお願いいたします。お疲れ様でした。





戻る 議会トップページへ