文字の大きさ 文字拡大  元に戻す  文字縮小


陳情第11 「ゾーン30の設置について」の陳情

【付託】
 平成29年第4回定例会

【要旨】
1.当該区域(行里川交差点−出し山入口交差点−東府中入口交差点の区域内/トライアングル)は,県道7号線と県道52号線に囲まれ,市道A0110号線を迂回路・バイパス道路として通り抜けする車両も多く,マナーも悪く危険性を感じて居ります。
2.当該区域の市道A3071号線,A3075号線等複数の市道は杉並小学校区,府中中学校区の児童,生徒の登下校の通学路であり「ヒヤリハット」も発生して,苦情も数多く受けて居ります。
3.当該区域は,道幅も狭くカーブも多い複雑な道路状況下にあり,各部各所に交通安全の為に「事故多発注意」「通学路注意」「スピード落とせ」等々の看板設置や「のぼり旗」を立て,車両への注意・マナー向上の喚起をしておりますが,効果は未だであります。
4.沿道住民の皆さんの安全・安心は勿論のこと,児童・生徒の登下校時の安全・安心を確保する,特に中学生徒は自転車通学です。雨降りの日や日暮れの早い秋・冬の季節には大変心配します。
今,現在で出来得る限りの安全対策の処置を講じたいと思いますので,審査の程よろしくお願い致します。

【陳情項目】
 当該区域(行里川交差点−出し山入口交差点−東府中入口交差点の区域内/トライアングル)に,ゾーン30を設置すること。

【付託先】
 教育福祉環境委員会


【委員長報告の要旨】
 審査では,委員から「他市でも,ゾーン30の設置後は,歩行者の事故について効果が出ていると聞いている。この仕組を有効活用できるよう,研究し,推進していくべき」などの意見が出されました。

【結果】
 採択