〒315-8640
茨城県石岡市石岡一丁目1番地1
Tel 0299(23)5600

gikai@city.ishioka.lg.jp


 € 


令和元年度 議会運営委員会

 第14回委員会 (2月10日)
出席委員 谷田川泰委員長,大和田寛樹副委員長,高野要委員,櫻井信幸委員,村上泰道委員,石橋保卓委員
その他の出席者 池田正文議長,菱沼和幸副議長小松豊正議員
市執行部 市長(今泉文彦),副市長(根本博文),総務部長(久保田克己),財務部長(古内勝人)
議会事務局 局長(門脇 孝),庶務議事課長(中山善正),課長補佐(木﨑憲一)


谷田川委員長)ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
 本日の議題は,お手元に配布いたしました協議案件書のとおりであります。
 次に,本日,委員長において,説明員として出席を求めた者の職・氏名は,市長・今泉君,副市長・根本君,総務部長・久保田君,財務部長・古内君,以上であります。
 これより議事に入ります。なお,審査上の発言は,挙手によりこれを許します。
 はじめに,第1回定例会についてを議題といたします。第1回定例会につきましては,2月18日告示,2月25日招集ということで,確認されているところでございます。それでは,第1回定例会に提出を予定されております議案について,執行部より説明を求めます。
 
市長)本日は,大変お忙しいところをお集まりいただきまして,ありがとうございます。第1回定例会に提出予定の議案につきましてご説明させていただきます。今期定例会に提出を予定しております議案は,全部で37件でございます。内訳といたしまして,令和2年度の一般会計及び特別会計に係る当初予算が10件,補正予算が9件,条例の制定が2件,条例の一部改正が9件,条例の廃止が1件となっております。続きまして,工事請負契約の締結が 1件,損害賠償額の決定及び損害賠償請求に関する和解が1件,公の施設の広域利用に関する協議が1件,市道の認定が2件,市道の廃止が1件でございます。案件の具体的な内容につきましては,担当部長から説明させていただきますので,よろしくお願いいたします。

総務部長)私からは,予算関係を除く提出議案18件について,議案ごとにご説明申し上げます。はじめに,条例の制定等に係る議案12件についてご説明させていただきます。
 議案第20号,石岡市行政手続等における情報通信の技術の利用に関する条例及び石岡市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,行政手続等における情報通信の技術の利用に関する法律の一部改正に伴い,関係条例に係る所要の改正を行うため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第21号,石岡市印鑑条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,印鑑登録証明事務処理要領の一部改正に伴い,成年被後見人等の権利の制限に係る措置の適正化等を図るため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第22号,石岡市国土強靱化計画委員会条例を制定することにつきましては,石岡市国土強靭化計画を策定するにあたり,新たに,石岡市国土強靱化計画委員会を附属機関として設置するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第23号,地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律に準じ,選挙長等の報酬額を改正するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第24号,石岡市基金条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,森林の整備等に関する施策を推進する費用に充てるための石岡市森林環境譲与税基金を設置するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第25号,石岡市いじめ防止対策推進条例を制定することにつきましては,いじめ防止対策推進法に基づき,所要の条例を制定し,いじめの防止等のための対策を効果的かつ継続的に推進するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第26号,石岡市放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,放課後児童健全育成事業におけるみなし支援員に係る経過措置期間を延長するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第27号,石岡市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,災害弔慰金の支給等に関する法律の一部改正に伴い,災害援護資金の償還金の取扱いを改正し,併せて災害弔慰金及び災害障害見舞金の支給に関する事項を調査及び審議する附属機関を設置するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第28号,石岡市保育所条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,子ども・子育て支援法等の一部改正に伴い,所要の改正を行うため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第29号,石岡市農政協力員条例を廃止する条例を制定することにつきましては,石岡市農政協力員を廃止するため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第30号,石岡市営住宅管理条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,民法の一部改正及び国土交通省が定める公営住宅管理標準条例の改正に伴い,保証限度額の設定及び収入申告義務の緩和等について改正を行うため,議会の議決を求めるものでございます。
 議案第31号,石岡市水道事業給水条例の一部を改正する条例を制定することにつきましては,水道法の一部改正に伴い,指定給水装置工事事業者の登録手数料の改正等を行うため,議会の議決を求めるものでございます。
 次に,工事請負契約の締結に係る議案1件についてご説明させていただきます。議案第32号,工事請負契約の締結につきましては,令和2年1月24日に条件付き一般競争入札に付した「令和元年度280メガヘルツデジタル同報無線システム整備工事」につきまして,日本フィールド・エンジニアリング株式会社と7億3,260万円の請負契約を締結するため,石岡市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 次に,損害賠償に係る議案1件についてご説明させていただきます。議案第33号,損害賠償額の決定及び損害賠償請求に関する和解につきましては,令和元年10月13日未明,台風第19号の影響により,都市公園せせらぎパーク内の樹木が倒れ,隣接する家屋の一部が損壊したことに関し,損害を賠償し和解するものでございます。
 次に,公の施設の広域利用に関する協議についての議案1件についてご説明させていただきます。議案第34号,公の施設の広域利用に関する協議につきましては,石岡市,行方市,小美玉市及び茨城町との間において,公の施設の広域利用に関し協議するため,議会の議決を求めるものでございます。
 次に,市道の認定及び廃止に係る議案3件についてご説明させていただきます。議案第35号,市道の認定につきましては,当該路線を都市計画法に基づく開発行為により築造した道路を市道として認定するため,議会の議決を求めるものでございます。1路線でございまして,市道A2506号線,石岡市鹿の子二丁目地内でございまして,幅員は6.05メートルから10.02メートル,道路延長は70.48メートルでございます。
 議案第36号,市道の認定につきましては,当該路線を市道整備事業に伴い市道として認定するため,議会の議決を求めるものでございます。2路線ございまして,1路線目が市道A3391号線,石岡市東大橋地内から石岡市石岡地内でございまして,幅員は10.1メートル,道路延長は154.8メートル。2路線目が,市道A3392号線,石岡市石岡地内でございまして,幅員は3.9メートルから7.2メートル,道路延長は110.7メートルでございます。
 議案第37号,市道の廃止につきましては,当該路線は,市道としての機能を喪失しているため,市道を廃止することについて,議会の議決を求めるものでございます。1路線でございまして,市道A3128号線,石岡市石岡地内でございまして,幅員が3.58メートルから6.51メートル,道路延長は322.32メートルでございます。
 以上が,予算関係を除く,提出議案18件の内容でございます。よろしくお願い申し上げます。

財務部長)私からは,令和2年石岡市議会第1回定例会に提案いたします補正予算,議案第11号から第19号までの9件についてご説明いたします。今回の補正予算は,事業費の確定等により財源調整が必要な経費,後年度の財政負担軽減を図るための基金の調整を基本的な考え方としております。それでは,資料に基づきまして,ご説明申し上げます。
 最初に,議案第11号,令和元年度石岡市一般会計補正予算(第4号)でございます。補正予算額は,5億727万4,000円を減額し,歳入歳出の総額をそれぞれ,330億2,431万1,000円とするものでございます。財源の内訳は,市税,地方譲与税,地方特例交付金,使用料及び手数料,財産収入,繰越金,市債を増額し,地方交付税,国庫支出金,県支出金,寄附金,繰入金,諸収入を減額するものでございます。
 補正する予算の主な内容を申し上げます。最初に,総務費の過誤納還付金 5,730万9,000円でございます。平成30年度の国庫支出金等の額の確定に伴い,生活保護費等国庫負担金等の返還金を計上するものでございます。
 次に,民生費のプレミアム付商品券事業3億4,001万円でございます。こちらは,昨年10月1日の消費税率改定に合わせ,3歳未満の子どもがいる世帯や非課税者を対象にプレミアム付商品券を発行する国の事業でございます。申請件数の実績見込みに基づき減額するものです。
 次に,農林水産業費の畜産振興経費4,080万9,000円でございます。こちらは,12月期補正予算において,豚コレラ対策の防護柵設置事業に対応するために増額した石岡市家畜防疫事業補助金等について,申請件数が確定したことに伴い減額するものでございます。あわせて,畜産業の収益力強化を図るための畜産クラスター計画を策定し,施設の整備等を行う事業者に対し畜産クラスター事業補助金5,585万1,000円を新設し補助するものでございます。この補助金の財源は,全額県から補助されるものでございます。また,石岡市家畜防疫事業補助金及び畜産クラスター事業補助金につきましては,翌年度に繰り越すものでございます。
 次に,商工費のふれあいの森リニューアル整備事業3億6,240万7,000円でございます。こちらは茨城県フラワーパークのリニューアル整備に合わせ,ふれあいの森を整備するもので,宿泊施設及び事務所施設の新設,直売所の増設などを行うものでございます。財源としまして,国からの補助金のほか,地方債を充当するものでございます。また,事業費全額を翌年度に繰り越すものでございます。
 次に,教育費小学校費のICT環境整備事業5,941万9,000円でございます。 こちらは備品借上料の契約額の確定に伴い減額するものでございます。情報環境整備工事につきましては,国の令和元年度補正予算に基づき,小中学校における情報通信環境の向上のため,無線LAN機器などの整備するものでございます。財源としては,国からの補助のほか,地方債を充当するものでございます。また,情報環境整備工事につきましては,事業費全額を翌年度に繰り越すものでございます。
 次に,中学校費のICT環境整備事業3,344万6,000円でございます。こちらは,さきほどご説明いたしました小学校費のICT環境整備事業と同様の内容でございます。
 次に,森林環境譲与税基金費847万8,000円でございます。国から交付される森林環境譲与税を新たに設置する森林環境譲与税基金に積み立てるものでございます。この基金につきましては,今後実施される間伐などの森林整備や森林整備のための人材育成,木材の利用促進などの事業に活用していくものでございます。
 次に,繰越明許費につきましては,追加が22件でございます。債務負担行為につきましては,追加が1件,変更が14件でございます。
 続きまして,特別会計補正予算でございますが,議案第12号から第19号の8件でございます。最初に,国民健康保険特別会計補正予算は873万9,000円を増額し,予算額を81億4,454万8,000円とするものでございます。歳出の内訳は,事業の確定見込に伴う支払準備基金への積立金の増額などによるものでございます。
 次に,下水道事業特別会計補正予算は9,198万5,000円を減額し,予算額を22億8,990万4,000円とするものでございます。歳出の内訳は,事業費の確定に伴う工事請負費等の減額などによるものでございます。
 次に,駐車場特別会計補正予算は157万9,000円を増額し,予算額を2,966万3,000円とするものでございます。歳出の内訳は,繰出金の増額によるものでございます。
 次に,農業集落排水事業特別会計補正予算は1,000万円を減額し,予算額を3億4,025万1,000円とするものでございます。歳出の内訳は,施設修繕費の減額によるものでございます。
 次に,霊園事業特別会計補正予算は650万7,000円を増額し,予算額を1,919万9,000円とするものでございます。歳出の内訳は,繰出金の増額によるものでございます。
 次に,介護保険特別会計補正予算は7億9,840万3,000円を減額し,予算額を74億9,296万3,000円とするものでございます。歳出の内訳は,各介護サービスにおける保険給付費の減額などによるものでございます。
 次に,後期高齢者医療特別会計補正予算は90万4,000円を増額し,予算額を8億6,695万8,000円とするものでございます。歳出の内訳は,後期高齢者医療保険料納付金の増額によるものでございます。
 最後に,水道事業会計補正予算は収益的収入を増額するものです。
 以上が,今期定例会にご提案する補正予算の概要でございます。よろしくお願い申し上げます。

谷田川委員長)以上で,提出予定の議案の説明は終わりました。ただ今の説明について,ご質問等がございましたらお願いたします。

櫻井委員)先ほど,ふれあいの森の改修工事の件がありましたけれども,その中に宿泊施設というふうにおっしゃっていたんですけれども,その内容はどのようなものなんですか。

財務部長)お答えいたします。宿泊施設を展望台のある一番上のところに円形でロッジ風に造るというような内容になってございます。

〔「収容人数は」と呼ぶ者あり〕

財務部長)30名程度と認識しております。

谷田川委員長)ほかにご質問はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,執行部におかれましてはご退席いただいて結構でございます。ご苦労様でした。

―執行部退席―

谷田川委員長)次に,提出を予定している議案の付託先についてを議題といたします。本件につきましては,事務局に説明を求めます。

庶務議事課長)提出予定議案の付託先につきましてご説明申し上げます。先ほど執行部から説明のありましたとおり,第1回定例会に提出される予定の議案は計37件でございます。各議案の付託先につきましては,内容等を勘案いたしまして,お手元の議案付託表に示すとおり,ご提案申し上げたいと思います。よろしくお願いいたします。

谷田川委員長)ただいま事務局から説明のありました議案の付託先につきまして,ご質問等ございましたらお願いいたします。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,今期定例会に提出予定の議案の付託先につきましては,お手元の議案付託表のとおりといたしたいと思います。
 これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に,新規の請願,陳情等の取扱いについてを議題といたします。事務局より説明を求めます。

庶務議事課長)本日までに受理いたしておりますものは,請願1件でございます。「石岡市議会議員によるパワーハラスメント行為排除に関する請願」でございます。本件は,2月4日に提出されまして,同日付で受理しております。提出者は,石岡市栄松の○○様で,紹介議員は村上泰道議員でございます。内容でございますが,成熟した議会制民主主義を目指すためにも,石岡市議会におけるあらゆるパワーハラスメント行為の排除に向け意思表示として請願の採択を求めるものでございます。付託先については石岡市議会に関することですので議会運営委員会になるものと思われます。

谷田川委員長)以上で説明は終わりました。ただいまの説明について,ご質問等がありましたらお願いいたします。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,ただいま事務局からありましたとおり,「石岡市議会議員によるパワーハラスメント行為排除に関する請願」については議会運営委員会に付託することといたしたいと思います。
 これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に,会派持ち帰りの案件として,パネルの持ち込みについてを議題といたします。本件については,先の委員会において村上委員から提案がなされ,会派持ち帰りで協議することとしていたものでございます。
 それでは本件について,各会派の検討結果をご報告いただきたいと思います。

村上委員)前回提案させていただきまして,当会派につきまして議題となりましたのが,枚数と資料のパネルの大きさ,それと資料の提出のタイミング,これは各議員に配布するのかどうか,また内容の精査が必要なのかどうかというのを,ほかの会派の皆さんのご意見をもらって擦り合わしたいということで結論には至っておりませんが,ほかの会派の皆さんのご意見を聞いた中で議論していきたいというところでございます。

石橋委員)私どもの会派でも,パネルを持ち込むことに対しては前向きな検討が必要であろうということでありますけれども,その際の材質,大きさ,枚数,それからパネルに記入される内容について,ある程度の制限が必要ではなかろうかという意見が出ました。この部分についてはもう少し慎重に内容のほうを検討するべきではないかなというふうなことでまとまっております。

高野委員)いま石橋委員が申されたような感じで,うちのほうもまた大変失礼ではございますが,結論には至ってございません。

櫻井委員)ただいまそれぞれの委員の話を参考に今後検討していきたいと思います。

谷田川委員長)それでは,各委員の意見をまとめてみますと,今回に関しましては,パネルの枚数,大きさ,それから内容等について,もう一度各会派の皆さんでご協議をいただきたいということでございます。
 これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に議長から,一般質問の通告の締め切り日について,発言を求められておりますのでこれを許します。

池田議長)一般質問の発言通告書につきましては,申し合わせによりまして,告示日の翌日から定例会招集日前日の午後4時までに提出するものとしております。しかしながら今回につきましては,定例会招集日前日の24日月曜日が祝日に伴う振替休日となっております。そのため今回につきましては,処理の関係から,一般質問通告の締め切り日を,その前の開庁日であります21日金曜日としてはいかがと考えているところでございます。ご協議のほどよろしくお願いいたします。

谷田川委員長)ただいま議長から,今期定例会における一般質問通告の締め切り日について説明がございました。今期定例会においては,定例会前日が振替休日にあたるため,一般質問通告の締め切り日を21日金曜日としてはどうかとのことでございます。この件に関して,ご意見がございましたらお願いいたします。ご意見はございませんか。

村上委員)通告日に関しましては,いま議長からご提案があったとおりで私は構わないかなと思っております。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,ただいま議長から提案がありました締め切り日については,21日の金曜日ということにしたいと思います。
 これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に議長から,新治地方広域事務組合議会議員の選挙ついて,発言を求められておりますのでこれを許します。

池田議長)新治広域事務組合議会議員の定数につきましては,昨年の第4回定例会において規約の変更を議決し,石岡市からの定数を3名から4名へ,1名増とすることが決定いたしました。それを受け,このたび正式に新治広域事務組合から,追加1名の選出依頼が届いたところでございます。
 一部事務組合議会議員の選挙につきましては,慣例により,本会議において議長の指名推選で行っているところでございます。私としましては,今回についてもこれまでの例に従い,今期定例会の最終日の議事日程にあげ,議長の指名推選で行ってはどうかと考えているところでございます。なお,指名にあたっては,複数の組合議員に就任していない方などから,議長において選出したいと考えております。ご審議のほど,よろしくお願いいたします。

谷田川委員長)ただいま議長から,新治広域事務組合議会議員の選挙について,今期定例会最終日の日程にあげ,慣例に従い議長の指名推選で行いたいとのことでございます。この件に関して,ご意見等はございませんか。

高野委員)いま議長が申されたとおりでよろしいかと思います。慣例,慣行に従って議会は行くべきであると思いますのでよろしくお願いいたします。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,ただいま議長が発言されましたとおり,慣例に従いまして議長の指名推選で行いたいと思います。
 これにご異議ございませんか。

〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ご異議なしと認め,さよう決しました。
 次に事務局から,議会費にかかる補正予算について,発言を求められておりますのでこれを許します。

庶務議事課長)第1回定例会に提出予定の一般会計補正予算のうち,議会費に係る部分についてご説明を申し上げます。今回の補正につきましては,不用額等が見込まれる費目につきまして,減額補正をお願いしたところでございます。内容については,タブレットの資料にございます。大きく2つございまして,議会活動運営経費の費用弁償と事務局経費の普通旅費の不用額の減額でございます。
 議員活動運営経費の費用弁償でございますが,今後の定例会及び各委員会の会議等を考慮したうえで,不用として見込まれる分147万5,000円を減額補正するものでございます。
 次に,事務局経費でございますが,旅費としまして36万9,000円を減額補正いたしたいと思います。今後の支出見込みを除いた金額を減額するものでございます。
 以上,その合計として184万4,000円を議会費の減額補正とさせていただきたいと思います。説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。

谷田川委員長)ただいま議会費に係る補正予算について説明がございました。ご質問等ございましたらお願いいたします。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,提出される補正予算のうち議会費においては,ただ今の説明のとおり減額補正がなされますのでご承知おきいただきたいと思います。
 次に,その他として発言はございませんか。

池田議長)私から,全員協議会における質問についてご審議をお願いしたいと思います。去る1月24日に,はじめて全員協議会において質問を取り入れたところでございます。その際,議員1人当たり5分,再質問までということで実施をいたしましたが,それでよろしいのかどうかということを含めまして,あらためてご審議をいただきたいと思います。

谷田川委員長)ただいま議長から,全員協議会における質問について皆様にもう一度お諮りをしたいということでございます。ただいまは全協の質問の内容でございますが,1人5分,再質問までということで前回は決定をなされておりますが,このままの状態でいいのかということでございます。これについて,ご意見はございませんか。
 暫時休憩をいたします。

-休憩- 

谷田川委員長)休憩前に引き続き,会議を開きます。
 それでは,ただいま議長の提案に対してのご意見を頂戴したいと思います。ご意見はございませんか。

高野委員)いま議長から話がありましたが,私としましてはやらせてほしいんですけれども,やはり時間の関係もございますし,以前どおり5分,それで今まで2回までとか入っていましたけれども,そこを削除して5分以内で終わるような質問にするということでよろしいかなというふうに思います。そういうことで一問一答が許されるんであれば5分以内で十分審議ができると,かように思います。以上でございます。

谷田川委員長)ほかにご意見はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,ただいま髙野委員から発言がありましたとおり,1人5分ということで質問時間を決めさせていただきたいと思います。
 ほかに発言はございませんか。

〔「なし」と呼ぶ者あり〕

谷田川委員長)ないようですので,以上で議会運営委員会を閉会いたします。なお,本日決定いたしました事項については,各会派の皆様にご周知いただきますよう,よろしくお願いいたします。お疲れ様でした。





戻る 議会トップページへ