〒315-0195
茨城県石岡市柿岡5680-1(八郷総合支所)
Tel 0299(43)1111 内線1421

gikai@city.ishioka.lg.jp

                               


平成30年第1回定例会 一般質問通告書

一般質問は,3月5日(月)〜3月7日(水)です。
※この質問通告の締切日は,2月27日(火)午後4時までとなります。

   
順番 氏名
質問方式
通告内容 答弁を希望する者 備考


山本 進




一問一答方式

1 石岡市の文化芸術振興策について

(1)文化芸術の振興・推進に係る当市の基本計画策定に向けた取組について伺います。

(2)当市の「東京五輪・パラ文化プログラム」の取組について伺います。

(3)城南中学校の跡地・校舎の利活用策として「茨城県南埋蔵文化財センター(仮称)」或いはそれに類する施設を創設または誘致してはどうか,伺います。

(4)石岡市文化協会などに所属する団体や,アート協会に対する活動支援策として当市が中心市街地の空き店舗を借り上げるなどして希望する団体が年間を通して利用することができる常設の企画展会場のようなものを提供してはどうか,伺います。

(5)「石岡少年少女発明クラブ」に対する当市の支援策について伺います。

 市長
 教育長
 担当部長
3月5日に質問を行いました。


関口忠男




一括方式

1 学校の統合再編について

1 石岡中学校と城南中学校の統合再編について

(1)4月の統合に向けた準備状況について伺います。

(2)保護者説明会での主な意見について伺います。

2 今後の小中学校の統合再編について

(1)小中学校統合計画審議会の開催状況及び地区懇談会での主な意見について伺います。

(2)小中学校統合再編の今後の見通しについて伺います。

 市長
 教育長
 担当部長
3月5日に質問を行いました。
2 保育環境の整備について

 待機児童解消を図ってきたが,1・2歳児の保育需要が伸びているとして,突然統合保育所整備が発表されました。
 これに対して,民間保育園や認定こども園,そして諮問会議等において疑問の声が出ています。また,保育無償化の流れの中で市町村負担は,民間施設は1/4であるが公立保育所は全額市町村負担となる報道がされているため質問いたします。

1.民間事業者への説明をどのように行ってきたのか伺います。

2.諮問会議等において民活利用の意見が出ているが,なぜ尊重しないのか伺います。

3.将来負担に対して,どのような積算・検証を行っているのか伺います。

4.小規模保育所設置,保育士確保の支援制度創設を急ぐべきと思うが見解を伺います。

5.発達障がい児に配慮した施設としているが,障がいの形態は他にもあり実態をどのようにとらえているのか伺います。

 市長
 担当部長


櫻井 茂




一問一答方式

 
1 商店会設置街灯の灯りを守る取り組みについて

 昭和60年代後半から商店街共同施設設置奨励金(現在は商業活性化共同事業奨励補助金)を活用して,多くの商店会が街路灯の整備を行ってから20年ないし30年の歳月が流れる中,当時元気だった商店会は店舗を減少させています。これに伴い,老朽化している街灯の修繕と電気料が大きな負担となり灯りを消す街灯も出始めました。 
 商店会が整備した街灯は,その多くがデザイン性に富み,地域の活力を示す一方で,市民もその恩恵に日々浴しており,公共財としての役割も担っています。そのため,経済的な理由のみでその灯りが消えていくことは,地域経済・生活環境・防犯等に大きな損失を与え,市の将来を奪いかねません。こうしたことから,商店街そして市民の灯りを守る取り組みについて伺います。

1.商店会街灯の設置状況を伺います。
  
2.商店会の加入店舗数の変化について伺います。

3.商店会街灯の維持管理について伺います。

 市長
 担当部長
3月5日に質問を行いました。
2 産科医招聘に向けた取り組みについて

 石岡市内において,分娩を取り扱う産科医がいなくなり,不安の声と共に産科医の招聘を求める声が高まっています。議会においても度々一般質問で取り上げられています。
 市は,現状把握と情報発信,他市町村の先進事例研究,医師会と連携して産科医の確保に取り組んでいきたい等の答弁をしていますが,これまでの取り組みと今後の方向性について伺います。

1.議会で答弁した取り組みについて伺います。

2.市内医療関係機関への協力要請とその可能性について伺います。

3.産科医招聘に向けた実効性ある取り組みについて伺います。

 市長
 担当部長


石橋保卓




一問一答方式

1 平成30年度石岡みらい創造プロジェクトについて

1 人口減少対策について
(1)地の利を活かした安価で優良な宅地開発や雇用を促進する企業誘致など,積極的な人口増加対策に対する考えを伺います。
(2)「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」の基本的な考え方について伺います。

2 協働のまちづくりについて
(1)協働まちづくり推進事業の具体的な内容とその方向性について伺います。

3 行財政改革の推進について
(1)行財政改革の進捗状況及びその効果について伺います。
(2)公共施設等総合管理計画に基づく個別施設計画の進捗状況について伺います。

 市長
 担当部長
3月5日に質問を行いました。
2 職員の人事管理について

1 人事評価制度について
(1)制度の目的及び内容について
(2)制度の活用状況について
(3)今後の課題及び目標について

2 昇任・昇格制度について
(1)現行の制度及び基準について伺います。
(2)その効果について伺います。
(3)今後の課題について伺います。

3 政策実現のための適正な人事配置と協力体制について
(1)適正な人員配置について,その基本的な考え方を伺います。
(2)適材適所の人員配置について,その基本約な考え方を伺います。
(3)組織を超えた協力体制の構築について伺います。
(4)人事考課の活用状況について伺います。
(5)職員の意識改革の促進策について伺います。

4 職員の健康管理について
(1)メンタルヘルスの相談体制について伺います。
(2)長期休暇中の職員に対する対応状況について伺います。

5 人材の確保について
(1)多様化する市民需要に応えるために必要な人材確保の方策について伺います。
(2)定員適正化の目標値及びその根拠について伺います。

6 職員の懲戒及び分限処分について
(1)過去5年間における分限懲戒等審査委員会の開催状況について伺います。
(2)処分件数について伺います。
(3)公表基準に基づいた公表の状況について伺います。

 
 市長
 副市長
 担当部長


谷田川 泰

  


一括方式

  
1 石岡駅を核としたまちづくりについて

 ステーションパークの1階部分の有効活用について伺います。この問題についてはこれまで何回も執行部に伺ってきましたが構想が出て来て以来相当の時間が経過している中で駅利用者や市民の間からいつまでたっても具体的なものが見えてこない本当にやる気があるのかといった声が聞こえている現状の中で現在の進捗状況と供用開始時期について伺います。

1)歩行部分は年度内に完成するのか伺います。
  
2)1階部分の飲食や休憩スペースの具体的な中身と建設はどうなっているのか伺います。

3)いつ着工していつから供用開始となるのか伺います。

4)管理運営はどのようにするのか伺います。

5)1階及び2階部分の連携についてどのような考えか伺います。

 市長
 担当部長
3月5日に質問を行いました。
2 駅東未利用地の有効活用について

 石岡市には大きく2つの未利用地があります。ひとつはイベント広場もうひとつは駅の東側鹿島鉄道の跡地であります。今回お尋ねしたいのは駅東の未利用地であります。
 ステーションパーク活用との関係は非常に大切と考えますがその活用策について伺います。

1)ステーションパークの利活用と合わせた有効活用について伺う。

2)今後どのような活用をしていこうとしているのか具体的に伺います。

 市長
 担当部長
3 新庁舎の完成により市民サービスは向上するのかについて

 多くの先進自治体では市民サービス向上の為ワンストップサービスに努めている中で新庁舎の窓口体制はどのようになるのか伺います。

1)窓口はどのような形になるのか具体的に伺います。
  
2)新庁舎に合わせ本庁及び支所の部署の変更はあるのか伺います。

3)新庁舎の供用開始に合わせて組織の改編は考えているのか伺います。

 市長
 担当部長


小松 豊正

  


一問一答方式

 
1 石岡駅東口・西口周辺道路の整備等について

(1)新年になってからも,市民から「西口の車線がわかりにくいので,改善してほしい。事故が起こってからでは遅い」との要望がある。市長は12月議会の答弁で「市民の意見は重く受け止める」と答弁しているが,その後の対策について伺う。

(2)横断歩道の設置等は,その後どうなっているか。

(3)初めて石岡市を訪れた方々がよくわかるように東口・西口の表示を行うこと。

(4)自由通路のポスターフレームに,市民が貼りだして利用できるスペースを確保すること。

 市長
 担当部長
3月6日に質問を行いました。
2 残土問題等に対する対策の強化について

(1)現在,石岡市において残土の持ち込みや不法投棄等,住民からどのような苦情が上がっているか。

(2)市はどのような対策をとっているか。

(3)関係住民に対する相談窓口と市と県の関係について

 市長
 担当部長
3 住宅等修繕リフォーム助成制度の創設について

(1)「木の住まい助成事業」及び「住まいづくり推進事業」の取り組み状況と「住宅等修繕リフォーム助成制度」との違いについて,どのように認識しているか。

(2)県内における「住宅等修繕リフォーム助成制度」の実施状況と教訓について,どのようにとらえているか。

(3)地域経済に及ぼす循環効果をどのように考えているか。

 市長
 担当部長
4 生活困窮者対策について

(1)石岡市における生活困窮者対策はどのように行われているか,課題はなにか。

(2)ケースワーカーの受け持ち世帯数と改善について

(3)滋賀県野洲市等の教訓に学び,生活困窮者関係の総合的な態勢をつくり,適切な対策を講じるべきではないか。

 市長
 担当部長
5 副市長の職務と役割について

(1)副市長の役割の大事な点は,市長を補佐し,縦割り行政の弊害を排し部門間の調整を図ることにあると思うが,見解を伺う。

(2)部門間の調整などでどのような役割を果たしてきたか。

 市長
 副市長
 担当部長
6 石岡市立統合保育所建設の重要な意義について

(1)石岡市保育所・幼稚園個別施設計画のポイントについて

(2)公立保育所の役割について

(3)石岡市立統合保育所建設の財源について
 市長
 担当部長


新田 茜

  


一括方式

1 石岡市のひとり親家庭への支援について

 近年,母子家庭,父子家庭といった,いわゆる,ひとり親家庭が増加しています。厚生労働省の調査では,母子のみにより構成される母子世帯数は約75万世帯,父子のみにより構成される父子世帯数は約8万世帯,母子以外の同居者がいる世帯を含めた全体の母子世帯数は約124万世帯,父子世帯数は約22万世帯であるとのデータが出されておりました。
 現在の厳しい経済環境の中で,ひとり親家庭の抱える様々な課題を少しでも軽減出来るよう行政としての支援は,大変重要であると考えます。
 石岡市の現状,今後の取り組みについて伺います。

1.ひとり親家庭の現状について

2.課題と今後の取り組みについて

 担当部長 3月6日に質問を行いました。
2 石岡市における子供の貧困対策について

 現在の日本における子供の貧困率は,ヨーロッパ諸国を中心に日・米を含め35ケ国の先進国が加盟する国際機関であるOECDの中で最悪の水準にあるとされており,貧困率は1980年代から上昇傾向にあり,現在では7人に1人の子供が貧困状態にあるとされています。
 貧困の連鎖を断ち切るために必要な環境整備が求められておりますが,石岡市の現状と今後の取り組みについて伺います。

1.石岡市における子供の貧困の実態について

2.課題と今後の取り組みについて

 
 市長
 担当部長


櫻井 信幸

  


一問一答方式

1 市民の健康づくりについて

(1)スロー筋トレと筋肉調整の教室を開催して3シーズン目を迎えます。参加者の皆さん,及び担当部の感想(効果等も)は。今後の運営方針は。

(2)医食同源。私たちの健康は日常の食事と切り離しては考えられない。特に安全な食材であることが重要である。そこで行政,JA,農業者が無農薬或いは減農薬の農産物の生産を本格的に目指せないか。

(3)戦後,日本農業は生産性の向上を追求しすぎ,国民全体の健康を軽んじてきた。私たちの体は年齢と共に健康を害する物質が蓄積されていると云われている。その物質が色々な病気を併発しているようだ。そこで,地域に自生する薬草といわれる野草の栽培をして地域おこしができないか。

(4)農薬や化学物質が,健康や障害等に影響があるとの医学的な見解もある。そのリスクを減らすような対策をとってみてはどうか。

 市長
 担当部長
3月6日に質問を行いました。
2 街づくりについて

(1)石岡市は広大な面積の中に,市街地と農村部が点在している。
 執行部はスマートシティについてどのような考えを持っているか。

(2)買い物等の交通手段のない高齢者が増え,免許証の返納も,その要因である。
 そこで中心市街地で自動車メーカーが開発したEV,自動運転車を走らせ将来の街づくりの為の社会実験をやってみては。
 用足し難民と云われる高齢者や通学等での子供たちの為にも是非,実施してみては。
 また前定例会で提案した常陸国府の復元等,市内観光の目玉にもなるのでは。

(3)石岡市民の足の確保,本数の少ないバスの代わり,また宅配便や貨物も搬送できる新交通システムは将来の石岡の救世主になります。条例の制定も視野に入れては。

(4)市民会館を石岡駅に隣接する市有地に移転してはどうか。駐車スペースになる敷地が集合していることも会館の移転に好条件と考えられる。

 市長
 担当部長
3 電気の地産地消,市が消費している電気料金について

(1)世界の潮流が脱炭素社会に進んでいる今,我が国はいささか出遅れ気味。
 そこで当市で,太陽光発電やバイオマス発電などを推進し,作られた電気を地元で消費する施策をとってみてはどうか。手法は色々考えられる。
 すでに幾つかの自治体では実施しているところがあるようです。
 将来を見据えて積極的な考えが求められるが,どのように思うか。

(2)以前にもお尋ねした電気使用の契約が一部更新されたと聞くが,どのような内容なのか詳細に聞きたい。

(3)またデマンド契約を採用しているようだが,料金を節約する対策をどうしているのか。

 市長
 担当部長


川井 幸一

  


一括方式

1 人口減少に伴う地域コミュニティーのあり方について

(1)人口減少,高齢化によって地域のコミュニティが希薄化している。
 この対応について伺う。

(2)以前にも質問のあった区運営補助金の検討状況どうなっているか。具体的な方策はあるのか。

 市長
 担当部長
3月6日に質問を行いました。
2 八郷地区の公園整備について

(1)石岡地区には多くの公園がある。しかし,八郷地区には公園はない。
 高友丘陵を公園化し,市民の憩の場としてはどうか。
 市長
 担当部長
10

徳増 千尋

  


一問一答方式

1 石岡市の「働き方改革」について

(1)当市の目指す「働き方改革」の取組について説明願いたい。

(2)時間外勤務の縮減をいかなる方法で実現させるのか,具体的に説明願いたい。

(3)各課,係の業務量の算定を完了させたのか伺いたい。

(4)限られた時間に業務効率を高めなければならない。
 職員の時間管理(タイム・マネージメント)の研修を誰がどの様な指導を実施しているのか。又,その指導内容はいかなるものか。

(5)タイム・カードの出退記録が無い現状では,何をもって退庁時間の確認作業を進めているのか。

(6)時間外勤務時間の見える化が縮減に効果を上げる要因となる。タイム・レコーダーの導入についてのお考えを伺いたい。

 市長
 担当部長
3月6日に質問を行いました。
2 石岡みらい創造プロジェクト 統合保育所の整備について

 ―発達障がい児の相談窓口としての拠点機能をもつ公立保育所―

(1)現在の正職員数では,対応不可能と思うが,32年度オープンまでに保育士(正職員)を増員すべきと思うが,石岡市としての考えを説明願いたい。

(2)保育士の事務量と保育士の人数について,各々にヒアリングしたことがあるのか伺いたい。

(3)大変,重要なことである発達障がい児の相談窓口の設置,対応する職員(保育士)の研修プログラムについて説明願いたい。

(4)保育の質を上げる方策はいかなる方法か,説明願いたい。

 市長
 担当部長
11

玉造 由美

  


一括方式

1 障がい者福祉施策について

(1)喉頭摘出により声帯を失った方が「埋込型用人工鼻」を使用して新たに発声する方法(シャント発声法)に対し,日常生活支援用具に追加して助成を行う事へのご見解をお伺い致します。

 市長
 担当部長
3月6日に質問を行いました。
2 高齢者ならびに一人暮らしの方の安心安全について

 高齢者又は一人暮らしの方が自宅や外出先で体調不良になり救急車で搬送される事が多く見受けられます。当市としての取りくみ状況をお伺い致します。

(1)救急医療情報キットの導入についてお伺い致します。

(2)ヘルプマークの周知とヘルプカードの導入についてお伺い致します。

 市長
 担当部長
12

大和田 寛樹

  


一問一答方式

1 隠れ待機児童の解消に向けた取り組みと新統合保育所の整備について

1.石岡市保育所・幼稚園個別施設計画の背景と目的について伺います

2.保育関係経費の現状と課題について伺います

3.乳幼児人口と入所者数について伺います

4.将来の保育需要について伺います

5.保育の受け皿確保に向けた取り組みについて伺います

6.子ども・子育て会議について伺います

7.公立保育所の役割と今後の方針について伺います

 市長
 担当部長
3月7日に質問を行いました。
2 子どもたちのインターネットリテラシーについて
 (犯罪に巻き込まれないためのネット教育)


1.児童・生徒のスマートフォンやタブレット端末の保有率について伺います

2.インターネットを悪用した犯罪やいじめについて伺います

3.犯罪に巻き込まれないためのネット教育について伺います

 市長
 担当部長
13

大槻 勝男

  


一括方式

1 農産物等のブランド化と販路拡大のための取組について

 当市には,八郷地区の富有柿や,銘柄産地指定を受けている梨や小菊などがある。当市における農産物等の更なるブランド化の取組について伺う。

 市長
 担当部長
3月7日に質問を行いました。
14

村上 泰道

  


一問一答方式

1 石岡市における情報発信について

 石岡市における各種助成制度について,その情報を対象者にわかりやすく伝える手法として,ライフステージ別に制度を表示し,当市のPRを効率的に実施してはいかがか。所見を伺います。

 市長
 担当部長
3月7日に質問を行いました。
2 石岡市における就職支援施策について

 茨城県において「茨城型就職支援」として新設の支援制度を設け,Uターン就職・地元就職の促進に取り組みはじめた。
 石岡市においても企業誘致に力を入れるとともに,就職支援の在り方を現状にとらわれず取り組むべきと考えるが所見を伺います。

 市長
 担当部長
3 石岡みらい創造プロジェクトについて

(1)教育改革プロジェクトの拡充について
 「石岡市ふるさと学習サミット」の充実をはかり,児童生徒の街づくりへの意識の醸成を目指してはいかがか。所見を伺います。

(2)雇用・産業充実プロジェクトの拡充について
 石岡市の基幹産業(1次・2次・3次)の継承と事業の振興にともなう雇用の拡大について,大胆な政策が必要ではないか。所見を伺います。

 市長
 副市長
 教育長
 担当部長
4 子育て支援事業について

 育児休業給付金の受給要件緩和における保育需要の動向について伺います。

 市長
 副市長
 担当部長
15

菱沼 和幸

  


一問一答方式

1 平成29年度の総括並びに30年度の市政運営について

1.平成29年度,市長の視点で捉えた総事業を振り返り,率直に費用対効果を含め総括的見解を求めます。

2.市長より平成30年度,石岡「みらい創造」プロジェクトが提示されました。
 本 プロジェクトの中から主な事業の詳細かつ具体にお伺いします。
(1)結婚・子育て応援プロジェクト
(2)教育改革プロジェクト
(3)魅力アップ観光交流プロジェクト
(4)安全・安心・快適生活プロジェクト

 市長
 教育長
 担当部長
3月7日に質問を行いました。
2 教育行政について

1.平成29年度就学援助制度について
(1)当市においても実施されておりますが,近年の利用状況
(2)保護者等への広報手段と周知徹底対策
(3)支給日及び支給額
(4)今後,就学援助費の増額について

2.学校での心肺蘇生教育の普及推進及び突然死ゼロを目指した危機管理体制の整備について(学校における救命教育)
(1)小中学校における児童生徒への心肺蘇生教育の現状
(2)AEDは全ての学校に設置されておりますが,設置場所の見直しや更新計画
(3)教職員へのAED講習の実施状況

3.石岡市教育大綱及び教育推進計画そして施設整備計画の策定について
(1)平成29年度までの大綱と計画となっておりますが,費用対効果も含めた上でどの様な分析をされているのか?
(2)今後いつの時期に策定されるのか?

4.文化財マスタープランについて
(1)発掘調査後,茨城廃寺跡は現在どのようになっているのか?
(2)政府は文化財で地域を元気にということで昨年12月に策定された「文化経済戦略」に基づいて実行プランづくりを進めている。当市においても歴史と文化のまちならば政府が掲げるような施策が必要であると思うが,見解を伺います。

 市長
 教育長
 担当部長
3 都市建設行政について

1.持続可能なまちづくりの実現に向けて
(1)都市計画マスタープランについて
 ア.既成市街地の再整備による集約型都市構造への転換等とされる当市の強みは何か?また,新たに見えてきた課題そして,コンパクトシティ・プラス・ネットワークを形成するための立地適正化計画はどのような位置づけで進めるのか,そのコンセプトを伺います。

 イ.立地適正化はゆるやかに居住の誘導と都市機能の誘導を進めるものと認識しますが,総合計画や公共施設の統合・再編,産業振興,防災,医療,福祉,環境政策等あらゆる分野と密接な関連の中で,どのように整合を図っていくのか,見解を伺います。

 ウ.これからのまちづくりには多様な主体の連携が必要不可欠ですが,様々な主体の交流,情報交換・情報共有のためのプラットフォーム構築の考えを伺います。また,大学等学術機関との連携,あるいはその構想があればお示しください。

(2)今後の都市農地の取扱いについて
 ア.都市農地の保全・活用を図るため,昨年5月に生産緑地法が改正されました。その概要と本市においてどのように実施していくのか。また,市民・対象農家への広報・周知,それを前提とした買取り申出に対する意向調査の見解を伺います。

 イ.改正された都市緑地法では,「緑地」の定義に「農地」が含まれることが明確化されました。生産機能だけでなく,景観機能,防災機能など多面的な機能を有する都市農地の保全に関し,都市計画マスタープラン,以前に策定された緑の基本計画や今後策定される立地適正化計画にどう位置づけるか,見解を伺います。

2.省エネ住宅のZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)が注目を集めております。政府は,2020年までに新築戸建て住宅の半数以上をZEHにする方針です。当市においても市民ニーズに対応すべきと考えますが見解を伺います。

 市長
 担当部長
4 福祉行政について

1.在宅医療・介護連携推進について
(1)市区町村が在宅医療の基盤整備の実施主体とされたことの背景・意義また当市に求められる責務と役割について伺います。

(2)平成30年4月までにすべての自治体で下記の8項目を実施することが義務づけられております。当市における実態として地域包括ケアシステムの多職種連携として既に一定の取り組みが進められてきていると思いますが,どのように進捗しているのか伺います。(当市での取り組み状況を詳細に)
 ア.地域の医療・介護の資源の把握
 イ.在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討
 ウ.切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築推進
 エ.医療・介護関係者の情報共有の支援
 オ.在宅医療・介護連携に関する相談支援
 カ.医療・介護関係者の研修
 キ.地域住民への普及啓発
 ク.在宅医療・介護連携に関する関係市区町村の連携

2.障がい者用119番の導入について
 政府は,聴覚や言語機能に障がいがある人がスマートフォンの画面から音声を使わず119番通報できるシステムの普及を加速する方針で,全国対応を2020年度にしたい考えですが,安全安心の観点から所見を伺います。

 市長
 担当部長
16

高野 要

  


一問一答方式

1 陣屋門保存修理について

1.陣屋門保存修理における清算,出来高について伺う。

2.陣屋門保存修理における諸経費について伺う。

3.設計監理者の歴史家としての知名度は如何であったのか。

4.現状変更について伺う。

5.保存修理された陣屋門は建設時の容姿に間違いないか。

 市長
 副市長
 担当部長
3月7日に質問を行いました。
2 石岡市内中学校における不祥事への対応について

1.被害にあった生徒への責任問題について伺う。

 市長
 副市長
 教育長
 担当部長
3 祝金を市の財政とは無関係に学校運営の資金としていることについて

1.石岡市内の小中学校の運動会の祝い金について伺う。

 市長
 副市長
 教育長
 担当部長
4 ステーションパークの利活用について

1.ステーションパーク1階の利活用について伺う。

・ステーションパークは都市公園ではないのか。
 都市公園に飲食店をつくる事は可能か

・あの場所に飲食店をつくる事は中心市街地活性化と逆行する対策ではないのか

 市長
 副市長
 担当部長
5 統合保育所の整備について

1.所管の常任委員会で存続の陳情が否決され,今回建設に至る方針転換をした理由について伺う。

 市長
 副市長
 担当部長
6 新庁舎建設について

1.ロビーに飾る芸術作品の寄贈を公募するということだが,どういう条件なのか。その条件,内容を伺う。

 市長
 副市長
 担当部長


議員から提出があった通告書を原文のまま掲載しています。


戻る  議会トップページへ